医療機関でVIO脱毛を受けています

医療機関でVIO脱毛を受けています

医療機関で医療脱毛マシンを使用したVIO脱毛を受けていますが、施術のたびに効果を実感出来ていて、ムダ毛一本一本が薄く細くなり、形も整ってきました。

 

医療脱毛マシンを使った脱毛ならば、永久脱毛を済ませる事が出来るので無毛状態にする事も考えたのですが、自分好みに形を整え薄くしたいと思ったので、無毛は選択せずデザイン性の高いVIO脱毛を受ける事に決めました。

 

デザイン脱毛と軽々しく言ってみましたが、この施術は難易度の高い施術だそうで施術を担当してくれるスタッフの照射技術力が試されます。

 

私が通っているクリニックは、他のクリニックと比べて施術費用がリーズナブルと言う事もあり、利用者が多く施術実績が多くて腕が良いと評判です。

 

ですから何も心配する事無く、VIO脱毛を任せる事が出来ていて着々とVIO脱毛は進んでいます。

 

脱毛を始める前に心配していたのは施術の際の痛みで、友人に聞いても、口コミを見てもVIO脱毛は痛いと言う声が集まっていたのでビクビクしながら施術を受けました。

 

施術を受けてみると、確かに痛かったのですが言われているほど痛くはありませんし、痛みが強い場合は、医療脱毛マシンの照射レベルを調整してくれるので、痛みに耐えるという事もありません。

VIO脱毛への決意

 

私がVIO脱毛をしたのは、水着を着たいという思いがきっかけでした。

 

今までは毎回、カミソリでVIOラインの毛を剃っていました。

 

しかし、やはりデリケートゾーンという事もあり、剃りすぎたせいか肌が傷むようになりました。

 

また毛の質が硬いので、カミソリに引っかかるのが痛くて仕方ありませんでした。

 

ちょうどその頃、彼がいた事もあり、夏には海やプールに行こうと約束していたのです。

 

だから、何としても早くVIOラインをきれいに死体と思いました。

 

初めて行った脱毛サロンで、脱毛をして貰うのは結構勇気が必要でした。

 

デリケートゾーンを他人に見せるのですから。

 

しかし、そんな事を気にしていては前によって進めません。

 

ですから気合いを入れて脱毛をお願いしたのです。

 

友人が脱毛をしたサロンでは、紙で出来たショーツを履いて脱毛したそうなので、私も同じなのかなと思いました。

 

しかし私が行ったサロンでは、紙のショーツは一切なく、デリケートゾーンを露わにするスタイルでした。

 

最初はとても恥ずかしかったです。しかし慣れてしまえば、恥ずかしさは無くなりました。

 

それよりも、脱毛の痛みが辛かったのです。

 

私の毛量が多いから余計かもしれませんが、Iラインが特に痛くてしんどかったのです。

 

しかし頑張った甲斐があり、水着を着る季節にはVIOラインはきれいなりました。